100均ペーパーフラワー使用 簡単「アロマワックスバー」の作り方


スポンサーリンク

 minneにはキャンドルコーナーがあります。作家さんが創るキャンドルは素敵なものが多く、ついつい衝動買い♡

  最近minneで購入した「ボタニカル・ワックス・サシェ」。気に入っていたのですが割れてしまいました。

 勿体無いので、再利用することに決定。

 ワックスバーをそのまま溶かします。

f:id:costcogogo:20161008081249j:plain

 きれいにワックスが溶けました。

f:id:costcogogo:20161008081322j:plain

 綺麗なドライフラワーも再利用します。

f:id:costcogogo:20161008081440j:plain

 溶けたワックスを、オーブンシートをひいた型に流し入れて、ドライフラワーを配置。

ピンクの顔料を入れて華やかにしてみました。

f:id:costcogogo:20161008081409j:plain

使った顔料はこれです。

f:id:costcogogo:20161008070659j:plain

12色も入ってとてもお得。いろんな色の「アロマワックスバー」がつくれます。

ワックスが固まりました。きれいなピンクでいい感じ♡

f:id:costcogogo:20161008081544j:plain

 型から抜こうとしたときに、ワックスが割れてしまいました。やはり強度が足りないのかな?

f:id:costcogogo:20161008072307j:plain

仕方ないので再チャレンジ。もう一度溶かします。 

f:id:costcogogo:20161008073727j:plain

ドライフラワーも取り出して再再利用。

f:id:costcogogo:20161008072723j:plain

 もう失敗したくないのでここで新兵器投入。

 アロマワックスバー専用の「シリコンモールド」です。型崩れもなく、固まったワックスが綺麗に抜けます。これがあると本当に便利。

f:id:costcogogo:20161008072807j:plain

 キャンドル作りを趣味にするなら、是非持っておきたい一品です。初心者でもきれいな「ボタニカル・ワックス・サシェ」が簡単につくれます。

ドライフラワーは傷んでしまったので、ダイソーで購入した「ペーパーフラワー」を使います。100円だけど、なかなかの出来で綺麗ですよ。

f:id:costcogogo:20161008073035j:plain

 「ボタニカル・ワックス・サシェ」決め手は「ドライフラワーの綺麗さ、豪華さ」だったりします。

 ドライフラワーは高いので、なかなか気軽には使いにくいのですが、100均のペーパーフラワーなら気楽に使えるし、それなりに華やかになってくれます。

 ドライフラワーが手に入らないときは、100均のペーパーフラワーを使ってみてください。

 

再再利用のドライフラワーと、ダイソーのペーパーフラワーをミックスして、ワックスが固まらないうちに配置します。

f:id:costcogogo:20161008072857j:plain

ワックスが固まったら、モールドから取り出します。さすがシリコンモールド。 へばりつきも割れもなく、綺麗に取り出せました。

f:id:costcogogo:20161008072937j:plain

 ひもを通して「再再利用 100均ペーパーフラワー  アロマワックスバー」の完成!

f:id:costcogogo:20161008073112j:plain

 作り方はこの本を参考にしました。

藤村りょうこさんは「アロマワックスバー」の先駆者です。火を灯さずにアロマとドライフラワーが楽しめるアロマワックスバーは、贈り物に最適♡

100均でつくる「ボタニカル・ワックス・サシェ」はこちら

www.costcogogo.com

 購入したワックスバーが破損してしまったら、再利用+100均ペーパーフラワーでつくる「ボタニカル・アロマワックス・サシェ」がおすすめです。

スポンサーリンク