おすすめ5選 進撃の巨人 登場人物BEST5


スポンサーリンク

 進撃の巨人は自分のなかで久々のポテンヒット中です!圧倒的な世界観と、謎に満ちた舞台設定。原作者の諌山さんはまだ若いですが、よくこのようなアイデアが浮かぶなぁと尊敬してしまいます。

 

特に立体起動装置という発想はとっても斬新で、理系出身者はどうにかしてあの立体起動装置を造れないかと思案を巡らせたことがある人は少なくないでしょう。

 

登場人物もそれぞれのキャラクター設定が引き立っており、一人一人がサブ役でないというか、それぞれ愛すべき個性があってみんなお気に入りになります。

 

というわけで進撃の巨人、登場人物ベスト5です。


スポンサーリンク

 

 

 

5位 アニ・レオンハート

 

クールな女性ですが、時々自分の存在を心苦しく思っているシーンがとっても印象的です。進撃の巨人の前半は女型の巨人が相当重要な役を果たしていると思うのですが、まさか。。。という感じ。

 

女型の巨人の描き方はそれはもう見事です。アニは父親の都合により戦士となり、やむ終えず巨人になったのでしょう。どうしてアニじゃないとダメだったのかはまだまだ解明されていません。

 

そして、アニが目覚めるときはやってくるのか??

 本当はとても心優しい女性だけれども何かすごい事情があるのだろうなと哀愁をそそるところが魅力です。

 

4位 アルミン・アルレルト

 

戦闘力は低いけど、頭がよくて戦略的。ドラクエでいうところの賢者のような存在です。アルミンが繰り出す分析力は冷静かつ論理的で、愛らしい顔とすごくギャップがあるのが魅力です。

 

パロディ的なものに「進撃中学校」がありますが、そっちのアルミンがいいキャラ出しています。特に第2話で、西高東低の気圧配置をとっても嘆いているところがウケます。

 

3位 エルヴイン・スミス

 

調査兵団のTOPで、いかにも切れ者といったイケメンカリスマリーダー。その行動力と統率力、計画力は他のものを圧倒しており、あのリヴァイもエルヴィンの支持には忠実に従います。

 

巨人に対する戦略は深い洞察力があり、自分の信念に従って犠牲を払っても意思を全うする姿は、「こんな上司だったら仕事はかどるのにぃ」と女子の共感を得られそうです。

 

2位 リヴァイ・アッカーマン

 

進撃ファンに中には、リヴァイ全面押しの女性が多いようです。なんといってもその戦闘力は目を見張るものがあり、女型からエレンを取り戻すときの立体起動装置の操縦はまるで芸術を見ているかのようです。

 

あの冷血な表情にもかかわらず極度の潔癖症ツンデレ好きな女子にはたまらなく女心をくすぐられるようです。

 

 

1位 ミカサ・アッカーマン

 

進撃でミカサを見たときから、将来の目標は「ミカサになる」に決定されました!漫画よりもアニメのほうがわかりやすいのですが、女性がみても惚れ惚れするその美貌と、なにか影のある存在感。そして、リヴァイに追随する戦闘力。カッコイイ女の典型的存在ですね~♪

 

「仕方ないじゃない、世界は残酷なんだから」

 

このセリフ、一回言ってみたい!

 

以上、進撃の巨人登場人物TOP5でした。ちなみにエレンは入っていませんが、「駆逐してやるっ」のセリフと、あとは巨人化してからちょっと不細工になるのがおもしろい・・・ので自分的には圏外でした(笑)