塾講師はブラックだというけれど...いいところもあると思う それを書き出してみる


スポンサーリンク

 

ふぅ~暑いですね。塾業界も夏講習を迎えて大忙しの時期ではないでしょうか。自分も長期休暇の講習時はやめたいと申し出ているのに次々と授業のコマを入れられて思考停止~の状態が続いていました。

 

塾講師ってわりと高学歴で責任感の強い人がなるので、ほかの先生が忙しくて大変そうだったり、室長から懇願されたりするとイヤと言えなくて仕事を受けちゃうんですね。

たかがバイトなのに・・・

note

 

塾講師は、語弊があるかもしれませんが、他のバイトと比べて能力が必要です。学力(学歴)です。コンビニのバイトそんなの関係なく務まるかもしれませんが、塾講師はそれなりに勉強してきた経験がないと人に教えるという仕事はできません。

 

なんで、時給はもっともらっていいと思うんですけどね。特別手当みたいなもんです。だけど報告書書いていると時給になおすとコンビニくらいになってしまうという現状。

 

だけど、塾講師バイトはコンビニバイトに比べていいところもあると思うんです。今日はそこを書いてみたいと思います。


スポンサーリンク

 

塾講師は座っていられる

 これはうれしいですね。自分もファミレスやファーストフードのバイト経験がありますが、ほぼ立ちっぱなしです。だけど塾だとずっと座り仕事なんで、体力のない人にはお勧めです。

 

塾講師は直近の資産(知識)が活かせる

 受験勉強で得た知識というのは、学生にとって唯一お金になる知識だと思います。その能力の高さがすぐに活かせられるのが塾講師です。

 

普通働くとなると、商品の管理を覚えたりレジの打ち方を覚えたり、商品の作り方を覚えたり挨拶を覚えたり、いろいろと教えてもらわなければなりません。

 

しかし塾講師は自分がやってきた勉強の中から知識を分かりやすく伝えればいいのです。これはコンビニで何十個もの作業を覚えるよりは気が楽ですね。

 

すぐに戦力になれる

 これは割と重要なファクターだと思っています。社会人として働くとなると下積みが3年とか、新人研修が3年とか、1人前になるにはかなりの年数がかかるのです。

 

医者はもっとひどくて研修で2年、専門医を取るまでにおよそ5年、とんでもなく下積みが長く、その間ずっと怒られる&気をつかう&下働き&理不尽に耐えるetc・・・しなければならないので、自分の存在価値に悩むことも多いでしょう。

 

しかし塾業界は人手不足でしかも教えるのが上手となれば、半年もたてばあっという間に看板講師、稼ぎ頭です。室長や生徒に頼られたりするのはやはり嬉しいし、自分の力、能力が十分役に立っていると認識できるのはとっても良いことなのです。

 

コンビニなんかだと、人材の補充が効きやすいので自分の価値がそれほど特化することはないと思います。(店長に気に入られるとか凄く仕事ができる場合はありますが)

 

働いてすぐに戦力になれるというのは嬉しい反面責任も重く、プレッシャーがかかりますね。

 

人間(生徒)の成長が見られる

 これが一番の原動力です。自分がした仕事で人が成長するのを見ると、人間は必ず達成感や満足感を得ることができます。何より、嬉しいですしね。

 

まったく英語ができなかった生徒が自分に代わってから英語の点数が2倍になったり、志望校の判定が上がったりすると、室長にも褒められるし生徒にも感謝されるし、「自分って結構すごくない?」と自己満足に浸ることもできます。

 

これが原因で多少の理不尽でも我慢してしまうところはありますね。生徒の喜ぶ顔を見たいですもんね。医者だと、なかなか治せない病気もあるので・・・成績が上がったっていうのはわかりやすい事実で喜びやすいです。

 

たまに、塾講師はプレゼン能力が身につくから就職前の経験としていいっていう記事を見ますが、あれはあまり当てはまらないと思います。プレゼンは別物。プレゼンするときにパワポ使って資料作っていかに納得させれるスピーチをするか、などはやはり企業で経験しないと。塾講師じゃ身につかないと思います・・・

 

以上、塾講師はブラックだと思うけど、バイトするならやっぱり塾講師が面白いのかなって最近思っているので書いてみました。理不尽を覚悟に、やってみるものいいかも?


スポンサーリンク