医師になるには? 偏差値をあげるには? 遺伝子検査で子供の成績を伸ばす勉強方法を知ろう


スポンサーリンク

「 自分の子供を医学部に入れたい」と思っている親御さんから

「どうやって勉強したら医学部に入れるのですか?」

と相談を受けることが、しばしばあります。

特に親が医者だったり、開業医だったりすると、どこの親も必死です。

小学校受験は当たり前。さもすれば、幼稚園受験から開始する人も。

どこの親も、なるべく偏差値の高い私立一貫校に入学させて、大学受験を有利にしたいという気持ちです。

しかし、子供の適正を把握せず、闇雲に子供に勉強を押し付けたところで、成績は伸びません。

それどころか、親の圧力に精神的に参ってしまい、途中でドロップアウトする人もたくさん見てきました。

ではどうやって子供の適正を把握したら良いのでしょうか。

GIQ子ども能力遺伝子検査

 

成績が良い子どもには いくつかタイプがある

学業で良い成績を残す子どもには、いくつかタイプがあります。

 

・暗記型

f:id:costcogogo:20170712164026j:image

暗記能力に優れているタイプ。

数学や理科など、思考力が必要な科目も、問題集の解答を全暗記することにより、暗記のみで理数系を解いてしまいます。

英単語の暗記なども得意で、意味の紐付けがなくても、素早く暗記します。

「受験は9割暗記」

とも言われます。このタイプは、ひたすら問題集を繰り返し解くことにより、ぐんぐん成績が伸びます。

人より暗記力に優れているので、暗記量で勝負します。

なので、先に解説を見た方が早く、発想力を鍛えるトレーニングなどは苦手です。

全科目を暗記で乗り切るので、バランス良く点数を取ります。

 

・ひらめき型

f:id:costcogogo:20170712164036j:image

理数系が得意な男子に、比較的多く見られるタイプ。

あまり熱心に勉強しているようでもないのに、何故かテストになると点数がいい人、いますよね?

暗記型と違い、少ない情報量でも、ヒラメキで問題を解くことができます。

暗記型は、例題を沢山解かないといけませんが、ヒラメキ型は1つの公式を与えただけで、問題を解いてしまいます。

ヒラメキ型は、暗記が苦手です。

たくさん問題を解かせるより、ひねった少し難しい問題をじっくり1問解かせる方が、効力があります。

京都大学は、ひらめき型が多いとされています。

ひらめき型は、量をこなすのも苦手なので、発想力を伸ばすトレーニングに力を入れた方が、将来伸びます。

 

・暗記型とひらめき型 両刀型

暗記力もあり、ひらめき能力もある子どもさんもいます。このタイプは、2つの能力をバランス良く伸ばしてあげましょう。

 

医学部に入った自分のタイプ

自分は、完璧に「暗記型」でした。

予習や復習は全くしたことがなく、授業で言われたことや、板書されたことが一瞬にして記憶されるタイプでした。

ただ、致命的だったのが

「自分はひらめき型であるに違いない」

と勘違いしてしまったこと。特に家で勉強しなくても成績が良いので、自分には量は必要ないと思ってしまったのですね。

暗記型なので、たくさんの量をこなす必要があったのです。

暗記型なのに量を全くこなさなかったせいで、現役時代は芳しくない成績で終わってしまいました。

自分のタイプを知って入れば、もう少しいい大学に入れたと思います。

 

勉強の仕方もタイプがある

勉強する上でもタイプがあります。

・堅実型

予習と復習をきちんと繰り返し、きっちり勉強するタイプ

・集中型

試験前に、徹夜で勉強を詰め込んでも、良い成績を残すタイプ

 

自分は集中型でした。毎日勉強するのは苦手だけど、テスト前に膨大な勉強量をこなすのは得意でした。

徹夜型に堅実型を押し付けてしまうと、毎日の勉強に飽きてしまって、途中で投げ出す可能性があります。

子どもの性格を見極めることも大事です。

 

成績を伸ばすには自分に合った勉強方法を見つけることが大事

昔は自分でタイプを把握して、勉強方法を工夫するしかなく、安定して良い成績を出すのには試行錯誤が必要でした。

その試行錯誤の時間に、長い月日がかかり、やっと自分の勉強方法を確立できた頃には、すでに遅し。

受験に間に合いませんでした。

もう少し早く、自分のタイプを理解していればなぁ、と後悔しています。

 

子どものタイプが 遺伝子検査でわかる

現代では遺伝子検査技術が進み、将来かかる疾患や、肥満リスクなども、前もってわかるようになりました。

そして、

「成績を伸ばすために必要な、子どものタイプ」

も遺伝子検査でわかるのです。

遺伝子とは「生まれ持った能力」のこと。

もともと、どんな能力を持って生まれてきたのかがわかれば、勉強がしやすくなります。

それがこちら。

お子様の才能を開花【GIQ子ども能力遺伝子検査】

検査方法は極めて簡単。

自宅で子どもさんの唾液を綿棒で摂取して、検査機関に送るだけ。

f:id:costcogogo:20170712163656j:image

自宅でカンタン【GIQ子ども能力遺伝子検査】

遺伝子解析というと、以前はアメリカに輸送して行われることが多かったのですが、この検査は国内で行われており、検査結果に信頼があります。

2年ほど前までは、20〜30万円した遺伝子検査も、国内で行われることにより、ずっと安価に検査できるようになりました。

遺伝子を解析したデータが後日送られてきます。

遺伝子データに基づいて、どのように成績を伸ばしたら良いか、医師からのアドバイスが載っています。

この遺伝子検査結果に基づいて、学習指導をおこなってきた「個別指導塾ショウイン」が監修した

「才能を育てる学習法」

という本もついています。成績アップのための遺伝子の読み方がわかります。

この検査は数々のメディアに取り上げられており、全国的に遺伝子検査が話題を集めています。

f:id:costcogogo:20170712163748j:image

テレビで話題【GIQ子ども能力遺伝子検査】

 

遺伝子解析の種類

GIQ子ども遺伝子検査には、4種類あります。

・学習能力遺伝子検査

子どもの学習能力の適正が、遺伝子からわかります。

・身体能力遺伝子検査

運動神経や向いているスポーツなとがわかります。

・感性能力遺伝子検査

芸術に対する感性などがわかります。

・フルバージョン鑑定

学習能力、身体能力、感性能力、すべての生まれ持った能力がわかる、遺伝子検査キットです。

一生に一度のことなので、「フルバージョン鑑定」をお勧めします。

将来、どのような道が子どもさんに合っているのか、総合的に判断できます。

ドクターコメント付【GIQ子ども能力遺伝子検査】

 

今は遺伝子で予測ができる時代

昔と違って、現代は「ヒトゲノム」解析が発展し、

遺伝子解析

遺伝子検査

遺伝子治療

遺伝子を調べることにより、病気のリスクや、性格までもわかる時代です。

遺伝子は、正確性があり、判断にもっとも適切な指標です。

成績を伸ばしたいお子様、何が向いているのか知りたいお子様は、遺伝子検査を受けて、その結果を上手く活用するのが、成功への第一歩です。
スポンサーリンク