ハーバリウムの色落ちについて解説 防ぐ方法 オイルによる違い プリザーブド、ドライフラワーによる違い


スポンサーリンク

「ハーバリウムってどのくらいもつんですか?」

よく聞かれる質問です。けれど、自分自身ハーバリウムを作って1年も3年も経ってないので、正直わからないのです。

ただ、花材やオイルの種類によっては、かなり色落ちしてしまうことが最近わかってきました。

そんな折、ハーバリウム専用オイルを販売している「あぶらやヤマケイ」さまから、ハーバリウムの色落ちについてご説明いただきました。

 

プリザーブドフラワーは染料より、顔料で色付けした方が色落ちしやすい

プリザーブドフラワーは、1度花の色素を抜いてから染色し直します。

それに使われるのが、顔料と染料。

顔料は素材の上に色が乗っているだけなので、すぐ溶けてしまいやすいそうです。

染料で染めたプリザーブドフラワーを使うことが大事です。

 

染料を溶く材料により色落ちのしやすさが決まる

染料は液体に溶かして使います。

①水

②オイル

③アルコール

が主に使われます。

このうち、

・水とオイルは混ざらない

・水とアルコールは混ざる

・オイルとアルコールは混ざる時と混ざらない時がある

こういう特性になっています。

よって、染料を水で溶いたもので色付けしてあるプリザーブドフラワーが、1番色落ちしにくくなっています。

 

ミネラルオイルとシリコンオイルの色落ちの違い

染料をオイルで溶いたプリザーブドフラワーをつかって、あぶらやヤマケイさんがミネラルオイルとシリコンオイルの2つを使って色落ちの実験をしています。 

花材を入れた3日後のオイルの様子です。

ミネラルオイルは色落ちが激しいことがわかります。

f:id:costcogogo:20170822173427j:image

 

ミネラルオイルは「流動パラフィン」とも呼ばれます。

 粘度によって呼び名が変わります。

小堺製薬 流動パラフィン(食添) 500mL

小堺製薬 流動パラフィン(食添) 500mL

 

 

「シリコンオイル」は ミネラルオイル より引火点が高く、安定性に優れています。

 

東京堂ハーバリオ

シリコンオイル

 

浮遊花

シリコンオイル

ハーバリウムオイル 2000ml 浮遊花オイル fuyuca oil

ハーバリウムオイル 2000ml 浮遊花オイル fuyuca oil

 

 

詳しくは

http://www.yamakei.jp/herbarium/inktop.html

 

ドライフラワーの色落ちについて

 ドライフラワーは染色していないので、時間の経過とともに色落ちしてしまうのが普通です。

少しでも色落ちを防ぐために、

シリカゲルを使って短時間で乾燥させる

グリセリンを使って鮮やかな色を残す

この2つの方法でドライフラワーを作りましょう。

ハーバリウムのオイルを吸って花に艶が出て、ドライフラワーでも楽しめるはずです。

 

ドライフラワーシリカゲル

豊田化工 シリカゲル ドライフラワー用 乾燥剤 1kg

豊田化工 シリカゲル ドライフラワー用 乾燥剤 1kg

 

 

生花をシリカゲルに浸けておくと、1週間くらいでドライフラワーになります。

 

 ・グリセリン

大洋製薬 グリセリン 500mL 指定医薬部外品

大洋製薬 グリセリン 500mL 指定医薬部外品

 

 

グリセリンと水を1対2で混ぜて、レンジで10秒加熱して完璧に混ぜます。

それに生花を浸けておけば1〜2週間ほどで綺麗なドライフラワーになります。

 

ハーバリウムの色落ちの仕組み、違い、防ぐ方法をお伝えしました。 

 長く楽しむために、オイルなどを見直してみてはいかがでしょうか。
スポンサーリンク