医学部にいたウザい女 総集編


スポンサーリンク

自分は再受験なので、基本的に医学部に入った時点で10歳近く離れている「お子ちゃまお嬢ちゃん」を相手にすることになりました。

 

ただでさえ個性的な人種の多い医学部。女たちもなかなか個性的だったので、一部を紹介します。

Scream

 

女が女に対してメンヘラちゃん

最近話題となっている「メンヘラちゃん」ですが、医学部にも沢山いました。女同士の派閥、嫉妬ってやつです。

 

「あの子と仲良くしないで」とか、グループ以外の人との交流をシャットアウトしてくる人たち。女は基本的にグループを作っちゃうので、やりづらかったですね。

 

テストの前日1時間ごとに電話かけてくる

こっちは再受験なので、大学のテスト勉強には慣れていましたが、テスト前日に1時間ごとに電話かけてくるやつがいました。

 

「どうしよ〜やる気でな〜い」

「どこまでやった?これはやった方がいい?」

「どうしよ〜ここがわからな〜い」

 

などなど、1時間ごとにアドバイスを求めてくるんです。こっちも必死なのに。慰めたり、励ましたりしてほしいんでしょうが、相手がどこまでやってるかが気になるんでしょうね。

うざいです。

メンヘラの精神構造 (PHP新書)

メンヘラの精神構造 (PHP新書)

  • 作者:加藤 諦三
  • 発売日: 2020/06/17
  • メディア: 新書
 

 

夜中にひっきりなしにメールしてくる

若者は元気なので、こっちが疲れてゆっくりしたい時にもめちゃくちゃメールをよこしてくる。

 

メールとか電話って無視するとめんどくさいし相手しても面倒くさいし。それも大方どうでもいいような話。悪口とか愚痴とか。

 

再受験生にとってはどうでもいいことなので、結構疲れます。

 

必ずレポートを借りにくる 

成績優秀な人のレポート奪い合いは、医学部ではよくみられる光景ですが、自分もよくレポートを奪われてコピペされてました。

 

もしくは、参考にして、それ以上にいいレポートを書くにの使うとか。自分自身で仕上げようって努力がないんですね。他人頼み。

 

占い師に依存している

何を決めるにも占い師に相談するという、やばい系が1人いました。しかも電話占いなので、相当な金額を使っているはず。

 

「もうすぐいい出会いがあるって言われたから彼氏できるかも〜」とか、大抵恋愛のことを相談していたみたいですが、占い師に振り回されるこちらの身にもなってほしいです。

 

占い師は、ペテン師です。

 

恋愛の相談が多すぎる

これは仕方ないと思うのですが、本当に恋愛の相談が多すぎて困りました。

 

彼女らよりはちょっとだけ恋愛豊富なのでアドバイスできるのですが、そこで頼られすぎて、疲労蓄積。

 

大体がどうでもいい相談なので、(大抵が励ましてほしいだけとか)世話すきじゃない限りはスルーした方がいいかも。

生き抜くための恋愛相談

生き抜くための恋愛相談

 

 

他の女の男を寝とる

これもいましたね〜。3年間野球部の彼を献身的に支えた女の子の彼氏を寝とったやつ。

 

スタイル良くて、胸デカくて、足長くて、美人で短パンとか履いてるやつだったので、寝取られた男の方も笑かも。

 

結局別れてましたけど。医学部にも普通にいるんですね。

 

自分さえ良ければそれでいいと思っている

レポートにしろ、何にしろ、他人がどんな苦境に立たされようが、嫌な思いしようが、リスクを負おうが、自分さえ良ければいいと思っているやつ多数。

 

自分がこの世で1番と思っている奴も多数。

人の悩みとか、わかる子あんまりいなかった気がします。

「自己中」の正体 ~自分の"エゴ"と折り合いをつける生き方とは!?~

「自己中」の正体 ~自分の"エゴ"と折り合いをつける生き方とは!?~

  • 作者:齋藤 孝
  • 発売日: 2019/11/12
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

世界が自分中心に回っている

まとめて言えば、これに着きます。男も女も、若くて医学部きたやつは、全員

 

「世界が自分中心に回ってる」

 

と思っていいでしょう。挫折を知らないお子ちゃまですから、仕方ないです。社会に出て、苦労したり悩んだりするまで、ほっときましょう。

 

再受験で医学部に入った場合は、年下と本気で向き合わず、適当に対処する術も身につけておくことをお勧めします。

20代までに知っておきたい“8つの世渡り術" (OR books)

20代までに知っておきたい“8つの世渡り術" (OR books)

  • 作者:大川 紫央
  • 発売日: 2016/03/18
  • メディア: 単行本
 

スポンサーリンク