松居一代さんは病気か?You tube を見て感じたこと


スポンサーリンク

松居一代さんの恐ろしげなブログが話題となり、情報番組に取り上げられました。

昨日、松居一代さんがYou tube に動画を載せたことで、騒動はひと段落したようです。

しかし、その動画がまたすごい。

松居一代さんは正気?病気なの?」

という声がきかれたので自分なりの解釈を書いてみます。

Scream

 

松居一代さんが動画で訴えたこと

松居一代さんは動画で、様々なことを訴えています。

主なものをまとめてみました。

 

週刊文春に騙された

船越英一郎さんの不倫を訴えたかったようですが、週刊文春側が期待通りに動いてくれなかったようで、汚い手を使って騙された、と主張しています。

尾行されており、1年半夜中電気をつけずに過ごした

週刊文春や、女性誌から尾行されたと松居一代さんは訴えています。

確かにポルシェの記事などは尾行されたのでしょうが、1年半ずっと尾行が続いたかは考えにくいですね。

船越英一郎さんは糖尿病

ヘモグロビンA1Cが9.3まであがっているのが事実ならば、船越さんは重度の糖尿病です。

シャヌビアという薬は2型糖尿病の薬です。

糖尿病のために勃起不全だった

糖尿病になると、血液のめぐりが悪くなるため、勃起不全になることは充分考えられます。

バイアグラを飲んで不倫していた

糖尿病患者にバイアグラが処方されることはあります。日本で認可されているのは50mgですが、海外では100mgまで認可されています。

日本でも50mgでは効果が認められないとき、2錠飲むことを許可されることはあるようです。

バイアグラを飲んでいたことが事実ならば、性行為を目的としていたことは確かでしょう。

船越さんがバイアグラを飲んだため心臓に負担がかかり、夜中悲鳴をあげた

バイアグラは血管を拡張する薬で、狭心症の治療薬として開発されました。

バイアグラを飲んだから心臓に負担がかかるわけではありません。

情報が週刊誌にリークされた

松居一代さんが見つけたとされる、船越さんが書いた「恐怖のノート」の中身を公開しない限り、真意はよくわかりません。

船越さんが松居一代の財産を奪おうとしていた

これも「恐怖のノート」の中身を公開してほしいと思います。

 

考えられる病気

「尾行されている」などという、にわかに信じがたい訴えをする患者によくみられるのが

統合失調症」です。

主に青年期に発症して、発症率は100人に1人です。

「あるはずのない会話が聞こえてくる」

「命を狙われる」

などの症状がみられます。

 お笑い芸人 松本ハウスハウス加賀谷さんが苦しんだことでも有名です。

統合失調症がやってきた

統合失調症がやってきた

 

 

松居一代さんは当初、この病気ではないかと考えられましたが、動画を見る限り違うようです。

統合失調症にしては、訴えが明確で、「尾行されている」以外の症状がいまのところ見当たりません。

次に考えられるのは

うつ病」です。

命を絶とうと思ったと主張していることや、ノーメイクで動画に登場するあたり、普通の精神状態であるとは考えにくく、うつ状態にあることが考えられます。

しかしうつの患者は、活力がなくなるため、動画を投稿するなどの攻撃的なアクションは起こしにくくなります。

ツレがうつになりまして。 (幻冬舎文庫)

ツレがうつになりまして。 (幻冬舎文庫)

 

 

 

結局なんなのか

結局は、船越さんの不倫に傷つき悩み憔悴しきったうえでの怒りの行動だったように感じます。

あまりの怒りのために、冷静な判断がつきにくくなっているのでしょう。

松居さんが証拠を出して主張されていることの多くは、実際にあった出来事だと感じました。

男女の仲は一方の主張だけでは分かりにくいことも多く、松居一代さんの訴えが100パーセント正しいとは限りません。

 

松居さんはツイッターも開設されたようです。

気になる方は、ツイッターフォローをしてみるといいでしょう。

なんだか芸能界の闇を見た気がします。
スポンサーリンク