『無印良品』 素材を生かしたカレー 「マッサマンカレー」


スポンサーリンク

無印良品 素材を生かしたカレー

マッサマン(MASSAMAN CURRY)  

税込315円(購入時)円

美味しさ★★★★☆

f:id:costcogogo:20160819110540j:plain

ローストピーナッツをつかい、甘みと香りを引き出しました。程よいスパイス感と、濃厚でマイルドな味わいのタイカレーです。

(パッケージより引用)

本品に含まれるアレルギー物質

えび 乳 落花生 鶏肉

栄養成分値(1袋180g当り)

エネルギー  342kcal

たんぱく質  10.4g

脂質     25.6g

炭水化物   17.6g

ナトリウム  979mg

食塩     2.5g

「マッサマンカレー」って聞いたことありますか?

タイカレーというとグリーンカレーが有名ですが、マッサマンもタイカレーです。マッサマンはタイ南部でよく食べられているカレーです。「マッサマン」の意味は「イスラム教徒」という意味。タイは仏教国ですが、イスラム教徒のカレーがあるんですね。

 

マッサマンは2011年にアメリカCNNの「観光・生活情報提供サイト CNN.GO.com」で「世界で最もおいしい50種類の食べ物」ランキングで1位に選ばれてから一躍有名になりました。

 

それをうけて、無印良品からレトルトの「マッサマンカレー」が登場。

その後もマッサマンフィーバーは続きました。いろいろなメーカーから商品化されています。

エスビー食品

「フライパンキッチン 鶏肉とじゃがいもで作るマッサマンカレーの素」

 

マッサマン人気は外食チェーン店にも広がり、デニーズやジョナサンでも企画されました。


スポンサーリンク
 

 

無印良品レトルトカレーは、エスニックカレーが充実しており、味もレトルトとは思えないほど本格的です。

f:id:costcogogo:20160819110627j:plain

無印良品のマッサマンカレーは発売されてからも、途中でリニューアルされています。豚肉から鶏肉になり、甘味料がココナッツシュガーから沖縄産の砂糖「本和香糖」に変わりました。

タイカレーは最後にパクチーなどのハーブを入れることにより、さわやかな辛さに仕上げます。しかしマッサマンはシナモンやグローブの甘め系の香辛料を使っているので、辛さがマイルドでコクもあり、日本人好みのカレーに近い味です。

マッサマンにもグリーンカレーと同じく、ココナッツミルクは使ってあるのですが、ココナッツよりピーナッツの風味が強いです。砂糖の甘みも際立っており、「このカレー甘い!」という印象。

タイカレーの辛さが苦手な人でもペロリと食べられます。特にじゃがいもは大きいのに、甘くてスイーツみたいです。鶏肉は柔らかくてとってもジューシー。

300円でこの味が食べられるなら下手なお店よりうまいです!

手軽にタイカレーの新しさを味わいたい方、『マッサマン』はおすすめです!一度トライしてみてください🎶

 クックパッドの人気レシピはこちら。スパイスの配合が面倒くさい人でも、カレー粉で手軽にマッサマンカレーができますよ。

cookpad.com

楽天レシピなら、人気No.1のレシピも無料で見れちゃいます!

無印良品「マッサマンカレー」の紹介でした! 


スポンサーリンク