「Referralチャネル」を調べよう


スポンサーリンク

ブロガーにとって検索エンジンからの流入を意識することは大切ですが、自分のブログへのリンクを多く張ってもらうこともアクセス数を増やすのに効果的です。

 読者がどこのリンクをたどって自分のブログにやって来てくれたかは大事な情報です。

 Googleアナリティクスを使えば、ブログの訪問者のリンク元を調べることができます。

 Referralチャネルをみれば外部リンクからの訪問者がわかる

Googleアナリティクスのチャネルには

「Organic Search」

「Referral」

「Direct」

「Social」

の4つがデフォルトで用意されています。このうち「Referralチャネル」が「参照サイト」経由でのアクセス数を示しています。

「参照サイト」とは自分のブログへのリンクを張ってくれている外部サイトのことを言います。

読者が外部サイトのリンクをたどってきたときが「Referralチャネル」になります。

 自分のブログへの外部リンクを張ってくれているサイトが多いほど、ブログへのアクセス数が多くなります。

読者を自分のブログに誘導した参照元を詳しく調べてみよう

 Referralチャネル調べるとユーザー流入の多い外部サイトやブログがわかります。

 ⚪︎「集客」→「サマリー」→「Refferal」をクリック

f:id:costcogogo:20161012175626j:plain

読者の 訪問数の多い順に参照サイトの一覧が表示されます。

自分のブログは 「blog.hatena.ne.jp」からの流入が多いようです。

 もっと詳しく知りたいときは、参照サイト(blog.hatena.ne.jp)をクリックすれば自分のブログへ誘導したページを確認できます。

 ⚪︎「blog.hatena.ne.jp」をクリック

f:id:costcogogo:20161012180512j:plain

 「blog.hatena.ne.jp」 のさらに詳しい参照サイトURLが表示されました。

 参照サイトURLのの横のアイコンをクリックして、実際の参照ページを表示してみましょう。

 自分のブログがどのように紹介されているか、より詳しくわかります。

⚪︎赤丸で囲んだアイコンをクリック

f:id:costcogogo:20161012180839j:plain

 自分のブログへの参照サイトを調べてみると、はてなブログの「ナノブロックに関するブログ記事まとめ」でした。

 確かにナノブロックの記事はたくさん書きましたが、知らないところでこんな紹介のされ方をしていたんですね。新発見です。

 ブログへのリンクを張ってもらおう

新規でブログをかくときや、少しでも流入を増やしたいときは、外部からのリンクを増やしてみましょう。

 はてなブログでははてなブックマークの数を増やすと流入が多くなり、ドメインパワーが強くなることがよく知られています。

 はてなブックマークを3つもらうと、いいことがあるようですね。

⚪︎参考までに

はてなブックマーク(はてブ)にエントリー入りする方法 

他にはブログ村に登録して、外部リンクを張ってもらう機会を増やすなどの方法があります。

検索エンジンからの訪問は「Organicチャネル」になりますが、あまり有名でない検索エンジンからは「Referralチャネル」になります。

 

 ブログを知ってもらうために重要な外部リンク。あまりに不自然に張りすぎるとスパムとみなされ逆効果になってしまいますが、自分のブログを紹介してくれている外部サイトを効果的に活用していきましょう。
スポンサーリンク