リボン道を極めればお金持ちになれる!?リボンの世界 ご紹介


スポンサーリンク

最近ブログも書かずに何をしていたかというと・・・

夜な夜なリボンを作っていました!!って言われても「??」ですよね。特に男子は・・・。

リボンの世界って結構奥深いんです。

 

リボンが盛んなのは名古屋

1番盛んなのは、おリボン大好きなお嬢様が、たくさんいらっしゃる名古屋。

「こんなフリフリのでっかいリボンつけて歩くの?」とびっくりするくらい、手の込んだ派手なリボンが次々と生み出されています。

大阪もまぁまぁ盛ん。なんで、西日本だけでリボンワールドが展開されている模様。

関東の人間にきくと、習い事にリボンなんて珍しいんだとか。

 

リボンで儲ける仕組み

通信講座も盛んで、しかも結構なお値段。一個のリボンにつき、5,000円くらいが相場で、協会がやっていれば入会金も要るとか汗。

でも、1度そのリボンのディプロマ(資格)を取得すれば、同じ値段でレッスンできて、レッスンすればするほどお金になるという仕組み。

ブログ以外の、こんな斬新な仕組みの副業に興味を持ってしまってのです。

 

リボンはリケジョに向いている

リボンなんか、小さな頃から興味ないけと、あの一本の紐から生み出される立体構造には、とーっても興味がありまして。

「リケジョ」思想ですね。空間認識能力が試される、すごくワクワクするワークなんです。

でもはじめは「どうやってこんなん作ってんの?」ですよ、もちろん。なので、いろんなリボンを受講して作ってみるんです。

 

レッスンで作ったリボンたち

クレイルリボン

f:id:costcogogo:20170213130947j:image

クレイルリボン2

f:id:costcogogo:20170213131009j:image

ケリーリボン

f:id:costcogogo:20170213131040j:image

ルマンドリボン

f:id:costcogogo:20170213131156j:image

パルフェリボン

f:id:costcogogo:20170213131216j:image

エルベリボン

f:id:costcogogo:20170213131354j:image

 リベルタリボン

f:id:costcogogo:20170213131532j:image

プレソシオリボン

f:id:costcogogo:20170213131547j:image

などなど。他にも色々と手を出しているんですが、これくらいに・・・。

こんなんにお金払う価値ある?っていうものから、「こりゃ凄い!凄い発想だ!」と感じるリボンまで様々です。

作ってみないとわからないこともたくさんあるんですよね。

多分、リボン自体が好きか、リケジョ発想のアイデア思想が好きな人じゃないと続きません。

 

数をこなすとリボンの立体構造が見えてくる

たくさんリボンを作っていると、やっぱり限界があるので、似たり寄ったりになってきます。そうすると、写真を見ただけで大体どのような感じでリボンをつくっているか、わかるようになってくるんです。

たとえばこれとか。 

f:id:costcogogo:20170213132119j:image

これも、難しそうに見えるんですが、なんとなくなら再現できる能力がつきます。

f:id:costcogogo:20170213132305j:image

 

自ら生み出したリボンとは?

そんなミーハーな自分が考え出したリボンがこちら!

ナンジャコリャリボン1

f:id:costcogogo:20170213132452j:image

へんてこリボン2

f:id:costcogogo:20170213132517j:image

???リボン

f:id:costcogogo:20170213132544j:image

 ふぅー。リボン、結構つかいましたよ。人気が出なそうなものばっかり。

しかし!改良すればなんとかなりそうですよね!??

これをライセンスにして、ライセンス料を狙っています( ̄∇ ̄)ムフフです。

 

極めると一攫千金のリボン道。皆様も試してみては?まずはキットからがオススメです。

 いろんな技が学べます。

 

こちらもオススメ。リボンから花を作る技術があると、色々といいことありますよ。

小倉ゆき子のリボンでつくる花―コサージュのつくり方 テクニックとバリエーション

小倉ゆき子のリボンでつくる花―コサージュのつくり方 テクニックとバリエーション

 

 

なかなかお金になるまでは遠い!しかしがんばるのだー。
スポンサーリンク