女医 ライザップ無料カウンセリングへ行ってきた


スポンサーリンク

ご無沙汰しております。唐突ですが、この度女医、ライザップ無料カウンセリングへ行ってきました。

↓これが噂のライザップ

f:id:costcogogo:20180826191007j:image

新しい病院での仕事に復帰して約6ヶ月。復帰する前の体重は55kg 。

 絶対に痩せるだろうなって思ってました。だって医者の仕事は超激務、超ストレス。53kgまでは痩せてもいいけど、体力的にそれ以上痩せると困るなぁくらいに構えていた。

 そして仕事が始まると、超激務ってわけでもないけど超ストレス。今更新しい上司にグダグダ怒られて、新しい環境にも慣れるの大変だったし、40手前だけど誰構わず腰低くペコペコ愛想笑いして、家に帰ってきたら暴飲暴食の毎日。甘いもの中毒で、寝る前にチョコレートパックを毎日食べる。

ケンタッキー10個パック買ってきて寝る前に5個ペロリと食べる。

製薬会社主催の勉強会に出る豪華弁当をペロリと食べる、そしてその頻度はかなり多い。

 だけどこんなに動いてるんだから太るはずないって思ってました。でも着られる洋服が次々に減っていく・・・体重計乗るのが怖い。1月から半年以上自分の体重を知らない・・・

最近周りのドクターに、

「身体しぼれよ」

「体型がみっともないぞ」

「太めだから薬多めに出しといたぞ」

って言われることが多くなった。

マジでやばいんじゃないか・・・でも体重計に乗る勇気はない。そしてまたケーキを食べる。

この悪循環を断ち切るために、いざライザップへ無料カウンセリングへ!!

ライザップ

↓ウエルカムウォーターがお出迎え

f:id:costcogogo:20180826191724j:image

話を聴いてくれたのは、受付専門のお姉さんでした。ライザップはカウンセリングとトレーナーが違う人と聞いていたのでやや不信感。

「この人に話聞いてもらってもなぁ、」とやり過ごしていざ体重測定。

正直60キロくらいかなぁくらいしか思ってなかった。2ヶ月やれば5キロはもどるかな、くらいにしか。なんと、体重は

f:id:costcogogo:20180826192037j:image

68キロ

「えっ!?」笑うしかなかった。この半年の不摂生で増えた体重は13キロ。もはや自分で減量できる範囲を超えていた。笑ってはいるが、ショックはかなり大きい、不信感を抱いていたお姉さんも、自分を救ってくれる神さまのように見えてきた。

2ヶ月ライザップいけば元に戻るかな〜という淡い期待は消え失せた。2ヶ月どころか4ヶ月行っても戻るか戻らないかくらい。

 でももうやるしかない。ワークアウトのカウンセリングも申し込んでいたけど、毎日1人で糖質コントロールをする自信がなかった。

なので、即決で3ヶ月コースに申し込んだ。しかし、長丁場になるので、ライザップのトレーナーには全国大会で優勝させてるような、ベテランで優秀な人をつけてもらった。

即決したのにはもう一つワケがあって、医師という職業についてると、ライザップ3ヶ月コースが半額になるのです!!

なので自分が支払った金額は3ヶ月コースで¥268,056なり。通常だと¥520,560らしいので衝撃の安さ。これはワークアウトよりもかなりお得。

しかし条件が一つあって、MRTとかいう医師求人サイトに申し込まなけれならない。そして特典は3ヶ月までで一生に一回限り。

 でもよくわかんないので、それはとりあえず後回し。医師でよかった。今日ほどそう思った日はなかった。

というわけで、これから女医のライザップ減量ブログが始まります。ライザップは厳しい糖質制限があるので、不定期に工夫した食事などを載せて行く予定。

病院で働いてると、仕事のことを書くわけにもいかないし、患者のこと書いたら訴えられかねないし、ブログのネタもできて良かったかな、と前向きに捉えています。

 このブログにお付き合いいただければ、ライザップに行くとどんな風に痩せられるかがわかるかな、と。4ヶ月あと、体重はいかに!?

ライザップ


スポンサーリンク