蜜蝋をつかったバラのフォトフレームを母へ作りました


スポンサーリンク

 あまりお母さんへの恩返しが出来てない親不孝な娘。習い始めたキャンドルで、ちょっと豪華なバラのフォトフレームをプレゼントすることにしました。

まずパラフィンワックスで、フレームの型をとります。今回は白で着色。

f:id:costcogogo:20170116004612j:image

パラフィンワックスはAmazonで手に入ります。

 

 キャンドル用のペイント絵の具(ゴールド)で、フレームを色付けしてアンティーク風にします。

f:id:costcogogo:20170116004623j:image

 こんな感じになりました。豪華な感じです。

f:id:costcogogo:20170116004629j:image

 蜜蝋(ミツロウ)ワックスを溶かします。

f:id:costcogogo:20170116004639j:image

蜜蝋ワックスは高級ですが、Amazonで手に入ります。お化粧品などによく使われます。

精製みつろう[白] 100g [蜜蝋/ミツロウ] 【手作り石けん/手作りコスメ/キャンドル】
 

 

バラを作るので色付けします。うーん今回は母の好みに合わせて赤ピンク系にしようかなぁ。 

f:id:costcogogo:20170116004649j:image

 赤で着色してみました。

f:id:costcogogo:20170116004657j:image

 花びらを作ります。

f:id:costcogogo:20170116004705j:image

芯に巻きつけていくと少しずつバラ風になってきました。

f:id:costcogogo:20170116004710j:image

 欲張って3つも作りました。

f:id:costcogogo:20170116004716j:image

 フレームにピンクで色付けした蜜蝋を贅沢に入れて、蜜蝋で作った葉っぱや、ドライフラワーを飾って完成です。ローズの香りを沢山つけました。

かわいいなぁ。母は喜んでくれるでしょうか?

f:id:costcogogo:20170116004728j:image

 こちらは先生の作品。額縁を銀にするとシックな印象になりますね。

f:id:costcogogo:20170116004737j:image

 こちらは先生が展覧会に出品した作品。額までロウなので、ぜーんぶ火を灯せますよ。綺麗です。

f:id:costcogogo:20170116004742j:image

 そのほかのアレンジとして、バスケットをパラフィンで作り、バラを飾る方法もキレイです。

f:id:costcogogo:20170116004750j:image

 フォトフレームを作るのが難しいかたは、モールドが発売されています。

 こんなアンティーク調のフレームも素敵ですね。

 

 こんな複雑な形のフレームもあります。

 

蜜蝋でつくるちょっと贅沢な薔薇フレーム、プレゼントにぴったりですよ〜╰(*´︶`*)╯


スポンサーリンク