【書評】トイアンナって誰?「大人気ブロガーが教える"愛とキャリア"のお話」


スポンサーリンク

やっと重い腰を上げて【書評】なるものを書く気になりました。初めてだし見切り発車なので「ぐだぐだ」ですが最後までお付き合いを。

 ターゲットとなったのはこちらの本。

er-トイアンナの素顔 大人気ブロガーが教える“愛とキャリア”のお話 (eロマンス新書)

 

前々から気になってはいたんですよ。トイアンナさんが「トイアンナのぐだぐだ」というブログを書けば「週刊なてなブログランキング」 の必ず上位にいらっしゃる。

何やらFCブログからはてなブログ直々に引き抜かれた逸材だそうな。

でもね、でもですね、いつも「なんでこの記事が毎回はてブ1000なの?」という、感想でした。

労力かけたまとめ記事でもないし、どちらかというと世の中を嘲笑う批評記事?それでも、ちきりんさんと同じく、どこどこ大学出身とか、どこまでキャリア登ったかなどは明らかにされてなく、どことなく説得力に欠けるなぁと感じておりました。

トイアンナさんは元キャリア外資系OLの設定らしいですが、現代のキャリアウーマンにありがちな問題点なんかを、上から目線で語るっていう。そんな感じの記事です。

 こちらはそれを凝縮した電子本です。

 

系統でいうと「酒井順子さん」系です。

負け犬の遠吠え (講談社文庫)

負け犬の遠吠え (講談社文庫)

 

 

この「負け犬の遠吠え」を読んだ時の衝撃、あれは強かったですねぇ。オーバー30すべての女がショックを受けたんじゃないでしょうか。だって書いてあることが、「もうまさに、そうです!危機です!ヤバイです!」ってなる説得力満々の力強い内容でしたからねぇ。

こちらは、今読んでも「ああ、そう、そうなんですよ!!」ってなる本です。

その後出版された本は、今のキャリア世代女子の悩みとか、女同士の確執なんかにスポットを当てていて、ずっとズレていないです。

トイアンナさんは、酒井順子さんを2ランクくらい落とした感じですかね。

酒井さんが毎日ブログ書いてたら、そりゃ読みますよね。切り口が鮮やかで文章も辛口、面白いですから。

なので2ランク下でも、キャリア女子の悩みは尽きないですから、毎日ブログで読めるとなれば、読むんだろうなぁ。 

んで、電子本にもなるんだろうなぁ。

トイアンナさんは酒井順子さん系ですが、林真理子さんも時々混じっている気がします。

賢女の極意

賢女の極意

 

 

こういうの、読んじゃうんですよねぇ。気軽に読めるし、共感する部分が多いので。

しかし、トイアンナさんを理解するには

恋愛障害?どうして「普通」に愛されないのか?? (光文社新書)

恋愛障害?どうして「普通」に愛されないのか?? (光文社新書)

 

 

こちらをよく読む必要があると思います。こちらの方が人気があるようですよ。こちらは読んでないので、トイアンナさんについてはまだまだ研究していきたいと思います。

以上です。うーん、これ書評になってないな汗。書評の書き方も勉強していかないと。まとめていうならば、酒井順子さん系をもっと気軽に読める作家さん、という感じ。酒井さん系が好きな人にはおすすめ。

以上、そんな感じっ!おわりっ!

(ヒトデ氏の力を借りてにげる)
スポンサーリンク