「ユーザーフロー」をみてみよう


スポンサーリンク

普段つかっているGoogleアナリティクス。機能が多すぎて使いこなせていない人も多いのでは?そんなあなたに「ユーザーフロー」について解説します。

 ユーザーフローをみると読者がたどった一連の流れがわかる

「ユーザーフロー」を見ると、読者がどのページからきてくれて、どのページを読んで、どのページで離脱したかが視覚的ににわかります。

 

👇「ユーザー」→「ユーザーのフロー」で表示される

※ユーザーフローはデフォルトで属性が「国」になっているので、「属性」→「集客」→「参照元」をクリックすると検索エンジンからの流れが見られます

f:id:costcogogo:20161005234827g:plain

 自分のブログは、セッション数1,778のうち、グーグルからが613、はてなブログから419、ヤフーから339、直接(direct)来てくれた読者が286セッションであることがわかります。

 はてなブログからの訪問が、ヤフーからよりも多いことにちょっとびっくり。

 

👇詳しく知りたいページの上にポインタを合わせると「次のページに行った割合」「離脱率」「セッション」などが示されます

f:id:costcogogo:20161005235703g:plain

  自分のブログは「英文法の参考書」の記事がよく読まれているのですが、セッション数104のうち、なんと「離脱率」が90%以上。

 せっかくブログに来てくれたのに、1ページ目を読んでですぐ帰られてしまうのはちょっと寂しい。

 参考書系の記事を増やして、リンクを貼って参考書用動線をつくり、離脱率をもう少し抑えたいところです。

 詳しく情報がしりたいページをクリックして深くみてみよう

👇さらに「英文法」の記事についての流れをみたいので、クリックします。

「ここをハイライト」をクリックすると、英文法参考書の記事を通過した流れだけが、協調されます。特定の流れだけをみたいときに便利。

f:id:costcogogo:20161006001005g:plain

 

👇「ここを深く見る」をクリックすると、クリックした前後のページが強調されます

f:id:costcogogo:20161006001310g:plain

 どのページから「英文法参考書」の記事に来てくれて、どのページを経由してくれたかがわかります。

 記事を読んだあとに、自己紹介のページを見てくれた読者が、かろうじて2人いました。

 問題点を解消して読者の流れをスムーズに改善しよう

 ユーザーフローを確認してみると、

⚪︎関連したページ、読んでほしいページへの流れ、動線がきちんとできているか

⚪︎読者を読んでほしい記事にうまく誘導できているかいないか

がわかりますね。

 Aページの次はBページに飛んでほしい、となんとなく思っているだけではダメです。自分はページの下にあれこれリンクを貼っているのですが、全く効果が出ていないことがわかりました(涙)

 「ユーザーフロー」をみて、動線の見直しをして、よりたくさんの記事を読んでもらえるよう工夫してみましょう。

スポンサーリンク