Youtuberになりたかったけどブロガーで頑張ることに決めた


スポンサーリンク

  ブロガーの先駆者だったイケダハヤトさんが

「ブログはオワコン、これからはYoutube」と啖呵を切ってyoutuberへ転身してから早数ヶ月。

イケハヤさんは順調にYoutuberとして実績を挙げられているようで、、、

スタンスとしては

「数をこなして、クオリティーを上げていって、ヒット記事を生む」

「内容はYoutubeでの稼ぎ方、自己啓発系」

と、ブロガーの時と変わらないスタンスのようです。エンタメ性がないので、UUUMの試験には一度落ちたとか・・・

「イケハヤ大学」というブログも開設されています。そこからYoutubeへ誘導する手法は、素晴らしいです。

自分もYoutuberになりたい、そう真剣に考えた時もありました。実際doctor youtuberは時々見かけます。

ブログでは到底稼ぎ出さないような、億単位の収入が見込める職業です。羨ましいですね・・・

IT知識ゼロ&アラフィフの私が2年で稼げるトップYouTuberになった方法

IT知識ゼロ&アラフィフの私が2年で稼げるトップYouTuberになった方法

  • 作者:緒方 亜希野
  • 発売日: 2020/04/29
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

Youtuberは時間に拘束される

Youtuberになろうかと考えていた時、情報によると、撮影に1時間以上、編集に2時間以上かけるようで。

「プロフェッショナル」でヒカキンが特集されてましたが、撮影に2時間、編集になんと6時間かけていました。

兼業Youtuberにはとても用意できる時間ではありません。土日休みでも、1日潰してyoutube作らなければなりませんね。

1記事1時間以内で終わらせることができて、仕事の隙間時間で少しずつ書けるブログの方が、兼業には向いていると判断しました。

400万人に愛されるYouTuberのつくり方

400万人に愛されるYouTuberのつくり方

 

 

Youtuberは顔出しが必須

顔を隠して、声まで変えているyoutuberを時々見かけますが、Youtubeは基本顔出しの方が再生数が伸びやすいと思います。

副業禁止の会社では顔出しは厳しいですよね。

また、ブログと違って顔出ししているので、個人情報が漏れやすく、アンチスレッドも立ちやすい気がします。

視聴者数3万程度でもアンチが湧いていて、「リスクあるなぁ」と思いました。

YouTuber教室 (マンガでマスター)

YouTuber教室 (マンガでマスター)

 

 

ブログはまだまだ稼げる

ここでブログの良さをおさらいしてみましょう。

・隙間時間を活用できる

・雑記ブログを書きやすい

・自分の思想を文章にしやすい

・文章を書くトレーニングになる

アフリエイトを使えば、月収100万も無理ではない。

・人は何かを検索する時、youtubeでなくブログの方がまだまだ多いので、チャンスはある

・ニッチ産業になればなるほど稼ぎやすい

まだまだ沢山のあると思います。

ブログ飯 個性を収入に変える生き方

ブログ飯 個性を収入に変える生き方

 

Youtubeはいつか絶対チャレンジしたいと思うけれど、とりあえず今は低迷しているブログの手直しに専念します。

「いつかyoutube、絶対チャレンジするぞー!!」

スポンサーリンク